【ギタぽんが出来るまで】0

【ギタぽん】を開発するまでのストーリーを聞いてください。

1999年
わたしは仕事にはまりまくってフルタイムで働きながら、仕事上の独立を目指す41歳の主婦だった。
子供は小学6年と魔の中学1年生。学校は荒れて、旦那は単身赴任4年目で、そして私は仕事上で行き詰っていた。

そんな時、友達に「カラオケでかっこよくタンバリンを振りたいのでパーカッションを習いにいきたいんだけど、一人じゃはずかしいのでいっしょに行こう!」と誘われた。
友達は3回で飽きてやめてしまったけど、わたしはなんだか面白かったので継続。(と言っても3か月間だったな~)

特にジャンべが気に入った。みんなで輪になって2時間近く叩いていると、トランス状態になる。
そのひと時だけはすべてのわずらわしさから解放され、終わった後はなぜか元気になる。音楽の魔法を知った。

一方、会社の社長はますますわけわからんことを言いだして、業務は法律に反する事にかかわってきて、それを嫌って退職する人続出。

子どもの中学校もいよいよ荒れ果てて、肺結核の先生が生徒たちに感染させていることが発覚、担任教師は心を病んで入院。暴力事件で警察が介入。私もたぶん鬱一歩手前。仕事もままならず、買い物してると突如不安感に襲われ涙が出る。ジャンべ叩く一時しのぎではもう絶えられない!!

2000年春
主人に単身赴任までさせてやりたかった仕事を辞めて、思い切って赴任先の鹿児島に子供達を連れて引っ越しました。そして案の定、どーんと落ちた。
ジャンべを叩いて元気になった気分を思い出し、藁をもすがる思いでジャンべを買い、そこで小さいギターをみつけて買ったのでした。ギタレレという名前のかわいいギターでした。

この2つの楽器との出会いがその後の私の方向を変えました。

>次へ