【ギタぽんが出来るまで】33 結局自分の手で作るのだ!!

2か月後やっと工場からレスポンスが来た。
潰れてなくてよかった。ホッと安堵。
金型の微妙な調整が始まる。
6月7月とサンプルを見ては微調整が続く。
世の中にあふれるプラスティック製品に対する見方が変わった。
量産まで、ものすごく手数がかかってる。

最終的な試作をチェックしたのが9月半ばでそれから量産スタート。
納品されたのが10月末。
1000組の部品が段ボール2箱、玄関をふさぐ。。

ギタぽんは、12個の部品から構成されているが、工場で作ったのは5個。
後の7個は私が手作業で作らなきゃいけないのです。
7000個手で作る。。作らなきゃいけないんだけど、コロナで資材が手に入らない。
レーザーカッターを使う工房も閉まってた。

作業が出来ない期間は、「足一本ギタぽん」の開発に没頭。

色々手作業でやってたら、右手が痛くてたまらない。
親指の亜脱臼。
ギター弾けないじゃん。。

紆余曲折と本末転倒のきわみだ。
愚痴はよそう。
痛い手でペンチをつかい、ハサミをつかい。。
とにかくモノづくりをがんばっています。
ここ、現時点!!
——————————–

これからは、取説を動画にする作業に入ります。
モノ以外も全部手作り。慣れないソフトで動画編集も、自力の手作りです。
まだ試作動画ですが、よかったら見てね。